• 腸の内部で詰まりが起こる病気

    腸閉塞とは、通常であれば食べたものが消化されたあと腸内で栄養を吸収されたあとに排泄となるところ、何らかの原因によって詰まりが起こり、腸内でうまく運び出しができなくなってしまう状態のことをいいます。

    詰まりが起こるとその腸の部分が異常に膨らんでしまうことでお腹が張って強い痛みを感じるようになります。

    ひどくなると腸から肛門に向かって進むはずの便が逆流を起こすのでガスが胃から口元までこみ上げて吐き気を感じるようなこともあります。

    自覚症状がひどくなる病気であるため比較的発見は早いのですが、ギリギリまで我慢をしてしまうとかなり他の体の部位にも悪い影響が出てしまうこともあります。

    腸閉塞になりやすい人

    腸閉塞が起こりやすい人としては、以前に開腹手術をした人があてはまります。

    虫垂炎や胆石、大腸内の腫瘍などを取り除く手術をしたあとには適切に縫合をしたつもりでも触れた腸管の部分に癒着が起こってしまい、手術を行った箇所以外のところで腸閉塞の原因ができてしまうこともよくあるのです。

    他にも過去に手術歴がなくても大腸内に大きな腫瘍ができていたり、がんなどにより内部の細胞に異常が起こって通りづらい状況が起こっているときにも腸閉塞はしばしば起こります。

    腸閉塞の治療

    腸閉塞が起こった場合、ほとんどのケースで下腹部の開腹手術をすることになります。

    以前に手術をしたという人の場合、そことはまた異なるところを開くことにもなってしまいます。

    手術をする前にはX線やCTスキャン、超音波などにより内部の状態を詳しく調べて腸閉塞がどこでどのような状態で起こっているかを詳しく調べてからの対応となっていきます。

    ただ腸閉塞が軽度な場合や手術までしなくても治ることがわかったケースにおいては、一旦食事をやめて腸内のものを全て出してしまうという方法によって治療をすることもあります。

    Permalink

    Posted by support @

Comments are closed.