• 食べたものが胃に入らなくなる病気

    食道アカラシアとは、胃と食道の繋ぎ目になっている「噴門」という部分がけいれんによって適切に開閉ができなくなってしまうことにより、ものを食べてもすぐきちんと胃の中に運ばれずいつまでも食道内に残ってしまうことを言います。

    ただし完全に食道で食物がシャットアウトされるわけではなく自然に食物の重みの重力により胃の中に入っていくので栄養がとれずに弱っていってしまうということはそれほど多く見られるケースではありません。

    食道アカラシアとして食物が胃に入りづらくなってしまうことにより体重が著しく減ってしまうというケースもありますが、全体の半数くらいにとどまります。

    食道アカラシアが起こるとものを食べてもすぐに胃に入ってくれないので食道の出口付近で壁を無理やり押し広げられる状態が起こります。

    また粘膜部分も過剰に接触が起こることにより炎症が起こりやすくなり、それがやがて食道がんなど深刻な症状の原因となってしまうこともあります。

    食道アカラシアになりやすい人

    食道アカラシアにかかってしまう人の割合は10万人に1人程度と非常に少なくなっています。

    そのため逆流性食道炎など他の胃腸に関する症状に比べて知名度も高くなく、病名を聞いてすぐにどんな症状かが分かる人はごく少ないと言えます。

    食道アカラシアの原因は胃に食物が入った時に自然に閉じるように下部食道括約筋(LES)が働くところ、この部分の筋肉の機能に何らかの異常が起こり、うまく筋肉の開閉ができなくなってしまうためです。

    なぜLESの異常が起こってしまうかということについてはまだ研究の途中であり、神経系という説とウイルス性という説とがあり、完全に解明されているわけではありません。

    そのため特にどの年代や体型、生活スタイルをしている人に多くなるということもなく、誰にでも起こる可能性がある病気となっています。

    ただ先にも述べましたように症例自体が非常に少ないので、そうそうこの病気になる人はいませんので心配しすぎる必要もないでしょう。

    食道アカラシアの検査と治療

    食道アカラシアになると食べたものが胃に入らずいつまでも食道に居座るため、食べてから横になったりすると逆流して口から食べたものが出てきてしまうことがあります。

    寝る少し前にものを食べた人などは眠っている間に逆流が起こり朝起きたら枕元が汚れていたということもあります。

    逆流症状だけを見ると逆流性食道炎に似ているため混同されやすいのですが、内部を精密検査して胸部X線や心電図をとってみれば比較的簡単に食道アカラシアは発見できます。

    もし食道アカラシアであると診断された場合には、まずLESを動かして食物を通過させやすくするため、専用の治療バルーンを使って噴門を押し広げるといった方法が取られます。

    このバルーンによる物理的な治療は有効性が高く、成功した場合に再発するもぐっと低くなります。

    他にも噴門の筋肉緊張を和らげるために薬物を投与することもあり、いくつかの治療法を組み合わせて行っていくのが通常です。

    Permalink

    Posted by support @

Comments are closed.