• 食道を流れる静脈の異常

    食道静脈瘤とは体内の食道につながる静脈の一部に異常が起こり、部分的に増えた血流によって食道が蛇行した状態になるという病気です。

    食道は内部に食道粘膜がありその壁面を静脈血管が無数に流れています。

    ここに血流異常が起こるとところどころに「瘤(こぶ)」のようなものができてしまうため、食べたものを運ぶ道がまっすぐに落ちず途中で引っかかったりつっかえたりというようなことが起こってしまいます。

    このときにできる瘤を「静脈瘤」というのですが、初期のうちは飲み込む時に違和感や不快感を感じる程度であるものの進行して瘤が大きくなっていくことで、ちょっとした傷によって血管が破れ出血が食道内部で起こってしまいます。

    すると大量吐血や下血が起こり、量がおびただしいときにはショック状態になって意識をなくしてしまうような場合もあります。

    運良く少量ですんだとしても、突然自分の口から血液がどっと出てくる様子はかなり精神的にショックが大きいものなので、実際の症状以上に混乱してしまうこともよくあるようです。

    食道静脈瘤の原因は肝硬変など

    食道部分の血管異常が引き起こす食道静脈瘤ですが、実際の体内の異常は食道ではない肝臓などで起こっています。

    食道静脈瘤の原因とされている病気は主に肝硬変による門脈圧亢進症です。

    肝臓から出ている重要な血管が「門脈」ですが、ここにかかる圧力に異常があると「亢進」とされる高い圧力のかかった状態が起こり、それが食道など別の症状を二次的に引き起こりします。

    なお門脈圧亢進症は食道静脈瘤の他に脾腫や腹水といった症状を引き起こす原因となるかなり深刻な症状でもあります。

    門脈圧亢進症が起こる原因についてですが、門脈は胃や腸、膵臓、脾臓、胆嚢といった重要な内臓器官とつながる毛細血管とつながっており、そこから肝臓に血液が流入するようになっています。

    肝臓内に入った門脈はまた多数に分岐をし肝細胞の内部に入ってから最終的には肝静脈から心臓に送られていきます。

    いわば全身の血管のジャンクション的な役割をしているのが肝臓の門脈というわけですが、この複雑な流れのどこかに異常が起こってしまうと血液の流れが段階的におかしくなり、食道静脈瘤のような全く異なる箇所への異常となった表れます。

    肝臓そのものに異常が起こった時に門脈圧亢進症は起こるのですが、その最も多いケースが肝硬変です。

    食道静脈瘤の検査と治療

    突然の吐血によって運び込まれる以前にも、上部消化管内を内視鏡で見ることで食道静脈瘤は見つけることができます。

    内視鏡で検査をすると明らかに静脈が瘤になっているところをすぐに発見できるので、そのうち破裂の危険性が高いものは早期に治療をすることになります。

    なお吐血により搬送されてきた人に対してもまずは内視鏡でどこが破裂をしたかを確認して治療にあたります。

    内視鏡により破裂や出血が起こっている箇所が見つかったら、その静脈瘤に硬化薬を注射し破裂が起こらないようにしていきます。

    既に破裂寸前になっているような場合には瘤の周りに輪ゴムをかけるなど緊急の治療を行ったりもします。

    食道静脈瘤は部分的に出血を止めても根本的な治療にはなりませんから、完治のためには低下した肝機能を回復させたり場合によってはそちらの本格治療をしていくことになります。

    Permalink

    Posted by support @

Comments are closed.