• 逆流性食道炎の悪化によって起こる症状

    バレット食道とは、逆流性食道炎の状態が長く続くことにより胃と食道をつなぐ部分に機能的な異常が慢性的に起こってしまうことを言います。

    正常な人の体の場合、胃と食道は位置的につながってはいるものの内部の様子や細胞組織は全く異なっており、2つの境界線がきっちりとわかれる形で機能をしています。

    ところが逆流性食道炎によって慢性的に胃液が逆流をするようになってくると、胃と食道をつなぐ部分に常に胃液が侵食してくるような状態が起こるため、境界を超えて食道の一部がまるで胃の中の組織のような様相変化してきます。

    具体的には食道下部にあたる部分が胃の上部に見られる円柱上皮という細胞に置き換わってしまうことです。

    この状態が続くと今度は食道がんなどに発展しやすくなってしまうため大変危険であり、早期の治療を要します。

    そんなふうに胃の上部と食道下部の部位が混ざった状態になってしまうことが「バレット食道」と言われる病気です。

    バレット食道になりやすい人

    バレット食道は食道がんを誘発しやすい大変危険な症状ですが、こちらを発症しやすいのは言うまでもなく逆流性食道炎を長く患っているという人です。

    必ずしも逆流性食道炎がバレット食道と食道がんの原因になるというわけではないのですが、実際に食道がんとして診断された人のうち9割くらいはこのバレット食道による扁平上皮と円柱上皮の置き換えが起こっているというデータがあるため、楽観視をすることはできません。

    なおバレット食道からの食道がんという進行は日本特有のものであり、海外の症例を見てもほとんどそうしたケースは見かけることができません。

    ですのでバレット食道およびそれに由来する食道がんは日本人の遺伝的・民族的特質と言えるため誰でもそうなる可能性が高いということになります。

    バレット食道になると胃の内部でピロリ菌が増えやすくなり、それが症状を悪化させると言われているのですが、逆にピロリ菌が入り込むことによってバレット食道になりやすくなるということもあります。

    ですので普段から胃の調子が悪い人などは症状に気をつけて、逆流性食道炎になる前の早期治療をしていきましょう。

    バレット食道の検査と治療

    バレット食道の面倒なところは、それ自体の自覚症状が乏しいということです。

    逆流性食道炎としての症状はそれ以前から感じることにはなりますが、そこからバレット食道に進行してしまったとしても特に何らかの異変を感じるということはまずありません。

    食後や空腹時の胸焼けや呑酸も長く続くとそれが当たり前のように感じてしまうこともあるため、次第に悪くなっていってしまうことは意識できないのかもしれません。

    そのためバレット食道であるかの判断は、逆流性食道炎の症状が疑われる人が内視鏡などによる精密検査を受けて始めて発覚することになります。

    バレット食道になっていたとしても早期に発見ができれば内視鏡による外科手術で該当粘膜の部分を切除すればそれ以上進行することなく完治をしていくことができます。

    検査さえすれば発見自体は難しいことではないので定期的に人間ドッグなどで受けるようにしてみてください。

    Permalink

    Posted by support @

Comments are closed.