• 自覚症状が激しい胃の病気

    胃腸に関する病気はいろいろありますが、自覚症状ということで言えば最も激しいのがこの「急性胃炎」です。

    急性胃炎・急性胃腸炎とは、何らかの外部刺激によって胃の粘膜に突然炎症が起こり、そのため激しい痛みや悪心、実際の嘔吐症状などといったことが起こります。

    原因はさまざまにありますが一度かかると相当の痛みや苦しさを伴うため、しばらくものを食べられなくなってしまったり、立ち上がって生活動作をすることすらつらく感じられたりします。

    ただ急性胃腸炎の場合にはその原因となることが取り除かれればすぐに症状は回復に向かっていくので、1日から数日の間安静にしていれば痛みなどはおさまります。

    緊急の場合などには専門医の診断を受けるため救急車などで運ばれることもありますが、回復までの時間は短く術後についてもそれほど心配することはありません。

    急性胃炎になる原因

    急性胃炎の原因としてまずもっとも考えられるのがウイルスによる感染症です。

    流行の風邪などウイルスが体内に入ると、その症状の一つとして表に出てきてしまうということもよくあります。

    またウイルスについでよくあるのが細菌による食中毒です。

    腐ったものを食べたときや、生牡蠣などのような腸炎の原因を含む食品を食べたときなどにおこりがちです。

    急性胃炎の場合には胃痛や嘔吐が起こりますが、急性胃腸炎になると下痢など体全体の症状になってしまったりします。

    腐ったものの他にも辛すぎるものや刺激の強いもの(高カフェインのものなど)を口にしたとき、またアルコールの飲み過ぎや食品アレルギー、薬品が体質に合わなかった時などさまざまなことが引き金になって急性胃炎は起こります。

    基本的にそうした原因が比較的はっきりしているものは体内に入った毒素が嘔吐や下痢などによって体外に出てしまえば症状はおさまるのですが、中には段々悪化していくこともあるので経過は油断せずに見ていくほうがいいでしょう。

    急性胃炎の検査と治療

    急性胃炎の場合、軽いものなら安静にしながら市販の胃腸薬などを飲んでいればそのままおさまってくれることがほとんどです。

    ただあまりにもひどい場合には医師にかかった方が確実に早く治ります。

    急性胃炎として病院に行った場合には、まず直前に食べたものや普段の食生活について問診をしたあと、血液検査や腹部超音波により体内の様子を詳しく調べていきます。

    急性胃炎の症状が悪化する原因の一つに、胃に入り込んだ原因物質が腸や十二指腸など他の広い部分に拡散して炎症や出血、潰瘍を起こしてしまうことがあります。

    そうした重篤な症状の場合には内視鏡検査などで傷の部分を特定し、その部位にあった治療をしていくことになります。

    Permalink

    Posted by support @

Comments are closed.