• 盲腸部分で化膿性炎症が起こる病気

    急性虫垂炎(盲腸)とは、人の体の小腸から大腸につながる部分の下部にあたる小さな突起に化膿性の炎症が起こることによって起こる病気です。

    この突起のことを「虫垂」と呼ぶため「虫垂炎」という名称がつけられています。

    大きさは5~10センチくらいのもので、長らくどうしてここにこんなものがあるのだろうか?と人体の不思議にも扱われてきたという器官です。

    症状としては突然に腹部に激しい痛みを覚え、治療のためにはすぐに外科主従になることもよくありました。

    また罹患率も非常に高く、全人口のうち15人に1人はこの虫垂炎を経験するとも言われています。

    虫垂炎になりやすい人

    年代的に見ると、虫垂炎の発生率が最も高いのは10~20代までの若い世代の人です。

    しかしそれ以下の幼児であったり、反対に高齢者であっても突然に発生することはよくあるので、全年代、性別の人にとって絶対に安全ということはありません。

    急性虫垂炎になると激しい痛みがあるので大抵の場合そこで発症に気が付き何らかの対応をしていくことになるのですが、中にはもともと痛みに強い体質をしていたり、炎症が起きても痛みが出にくくなってしまっていたりして発症をしても治療にならないこともまれにあります。

    虫垂炎を放置しておくと炎症が破裂して腹膜炎に発展することもあるので、痛みがそれほどなくてもきちんと治療をするようにしてもらいたいです。

    急性虫垂炎の治療

    急性虫垂炎はかつては外科手術によって切り取ってしまうのが一番よい治療法ということになっていました。

    ですが近年になって人体にとって無駄な器官と思われてきた虫垂にも大切な役割があるということがわかってきたことにより、よほど炎症が進んだ状態でもなければ薬物療法によって切らずに治すという方法の方が一般的になってきました。

    いわゆる「散らす」という方法ですが、かなり薬剤の技術が進歩したことにより相当のことでもなければ大抵の虫垂炎はそのまま治すことができます。

    Permalink

    Posted by support @

Comments are closed.