• 逆流性食道炎にかかりやすい人として、ストレスを過剰に感じてしまう人も挙げられます。
    毎日の生活で過度にストレスを感じてしまっていると、
    体内の筋肉が緊張した状態になるため、柔軟性がなくなり免疫力が低下してしまいます。
    さらにストレスによって自律神経に不調を生じるようになってくると、
    それがそのまま胃液の分泌量の異常にもかかわってきます。
    ストレスを受けると胃が痛むといったような胃腸の部分にダイレクトに
    影響が及ぼされてしまうので、逆流性食道炎も同様に発生しやすくなってしまいます。

    ただ、ストレス性の胃酸過多が起こった場合に心配なのが
    逆流性食道炎と同様に起こる可能性がある胃の内部への不調です。
    胃酸が過剰に分泌されると、胃の内部の粘膜が皮膚を守り切ることができずに、
    胃潰瘍となって胃壁に孔をあけてしまうことになります。
    怖いのは胃壁と同時進行的に逆流性食道炎が起こり、複数の箇所に潰瘍が出来てしまうような場合です。
    胃潰瘍の場合ひどくなると外科的な手術によって治療を行うことになります。

    かつて胃潰瘍の手術といえば胃の何割かを切除するという非常におおがかりな方法が
    とられていましたが、最近ではそのような切除手術は行われることはあまりなく、
    胃液の分泌を司る神経を切除するという方法がとられています。
    ちなみに逆流性食道炎を外科的手術によって治療する場合には、
    食道と胃の接合部にある「噴門」という部分を縫い合わせて大きさを縮めるという方法がとられます。
    胃にしても食道にしても、毎日の食生活にかかわる非常に重大な機能を行う箇所であるため、
    現在では手術など回復に時間がかかる方法は現在では
    日本の医療機関ではほとんど行われなくなってきています。

    ストレスを過剰に感じてしまうことは、胃液の分泌に影響をおよぼすばかりでなく、
    全身の血行を悪くして循環機能を鈍らせてしまうといったさまざまな悪化症状を生み出してしまいます。
    普段は逆流性食道炎の症状を全く感じていなかったという人も、
    ストレスを一時的に強く感じてしまうことにより、
    突発的に症状が発生してしまったというケースもよくあるようです。
    過度にストレスを感じたときには、あまり思いつめたりそのことばかりを考えたりすることはせず、
    少しストレスを感じる要素から離れてみることを心がけてください。
    胃液の分泌量の異常をクセにならないうちに正常な状態に
    戻すように心がけることが大切な予防方法となります。

    Permalink

    Posted by creator @

Comments are closed.