• 現代人に急増している逆流性食道炎ですが、その原因の一つになっているのが肥満体質の人が増えてきたということです。
    逆流性食道炎と肥満は直接的な関係があるとはっきりわかっているわけではありませんが、実際に逆流性食道炎として診断をされている人を見ると、そのかなり多くが肥満体型となっています。
    逆流性食道炎は胃の内部で分泌される胃液が食道を逆流してしまうという病気ですが、これは脂肪分の多い食事や食べ過ぎによって起こりやすくなります。
    脂肪分の多い食事や食べ過ぎの食習慣は肥満体型のもとになるものなので、結果的に肥満の人は多く逆流性食道炎になりやすいのです。

    逆流性食道炎にかぎらず、肥満体型は多くの病状のもとになってしまいます。
    肥満とは、体内の体脂肪が過剰に蓄積されてしまっている状態のことであり、体重の他いくつかの体組織の数値をはかることで診断します。
    肥満であるかどうかの判定はまずその人の身長からBMI(体格指数)を割り出すことで計測をしますが、単純にそれで体重が多いと出た人であっても、スポーツ選手のように体脂肪率が非常に少ない状態にある人であればただちに肥満とはなりません。
    反対にその人の体重が適正範囲の中にあっても非常に体脂肪が多い状態にある人であれば、それは「隠れ肥満」と呼ばれる肥満体質と同じ問題を抱えていることになります。

    肥満体質の人が逆流性食道炎を発症しやすい原因は二つあります。
    一つ目は最初にも述べたように、脂分が過剰であったり食べる量が多すぎる食生活を送ることにより胃に負担をかけるので、それが胃液を過剰に分泌をさせてしまい逆流を招いてしまうためです。
    もう一つは肥満となることで内臓部分に脂肪が多くついてしまうことにより胸部や腹部が圧迫されやすくなり、それが食道と胃をつなぐ部分の筋肉の力をゆるめてしまいます。
    そのため、逆流性食道炎と診断される患者さんで肥満体型をしている人に対してはまず体重とともに体脂肪を減らすようにすることが治療では求められます。
    体重とともに体脂肪を減らしていくには、単に絶食をするということではいけません。
    急激に体重を落とそうとすると骨粗しょう症や貧血の原因になり、便秘などまた別の逆流性食道炎を誘発する体質を生み出してしまうことにもなります。
    脂肪を燃焼させるための有酸素運動を継続的に繰り返しつつ、毎日の食事の内容や分量を見なおしていきだいたい月に1kgくらいの減量を目指していきましょう。

    Permalink

    Posted by creator @

Comments are closed.