• 逆流性食道炎を防ぐためには、毎日の生活習慣を見直すことが重要です。
    逆流性食道炎の症状を悪化させる要因として挙げられているのが、
    喫煙、過度な飲酒、刺激の強い食べ物です。
    逆流性食道炎の原因は胃から分泌される胃液が過剰になってしまうことですが、
    特に喫煙の習慣はこの胃液の分泌を過剰にさせてしまうことがわかっています。
    毎日数箱も喫煙をするヘビースモーカーの場合、タバコを吸っていないときに口の中に苦味を感じたり、
    食後にゲップが頻繁に出てしまったりするものです。
    これらは、喫煙によって胃液の分泌量に異常が生じてしまい、
    胃から食道に胃液が逆流をしていることを示しています。

    タバコとともに逆流性食道炎によくないのが過度な飲酒習慣です。
    適度な飲酒ならばよいのですが、休肝日を設けないで毎日のように深酒をしていたり、
    居酒屋でかなり多くの分量を食べたり飲んだりするときには症状の悪化の危険があります。
    特に、ビールは発泡性があり膨満感の原因にもなってしまいます。
    胃に負担をかけてしまうことにより、胃が活発に胃液を分泌するようになってしまうので、
    最近調子がよくないなと思ったら、お酒を飲む量を控えるようにしてください。

    参考サイト:逆流性食道炎の予防(http://逆食改善プログラム.com/yobou/

    また、アルコールを飲むときにはどうしてもおつまみとして
    刺激の強い料理を一緒に食べてしまいがちです。
    油を大量に使った揚げ物や、豆腐、枝豆といった居酒屋の定番メニューは消化に時間がかかりやすく、
    胃に大きな負担をかけてしまいます。
    辛さや塩分の強い食品も同様で、味付けの濃いものを食べ続けることもまた、
    喫煙や過度な飲酒と同じくらいに逆流性食道炎の症状を悪化させてしまいます。

    空腹時に酸っぱいような感じがしたり、朝起きた時に食欲がどうしてもわかないといったときは、
    まずは喫煙や飲酒を控え、できるだけ薄味のものを食べるようにしてみましょう。
    症状が少ない段階から対策をとっていくことにより、
    逆流性食道炎の進行が遅くなるので体質の改善を望むことができます。
    どうしてもタバコがやめられない、お酒が飲みたいという人はあまり無理をしすぎることなく、
    ちょっとでも量を減らすようにしてみるだけでも効果があります。
    諦めずに自助努力をこころがけましょう。

    Permalink

    Posted by creator @

Comments are closed.