• 食道炎になりにくくするためには、食事をするときに刺激を強すぎないようにすることが有効な手段となります。

    しかし漠然と「甘いものはダメ」「辛いものはダメ」とされても、どこまでの味ならよいのかということは簡単にはイメージがしづらいものです。

    また体によくないものを控えるにしても、具体的な分量がわからないと自己流になってしまい、実際に効果があるかどうかを実感することができません。

    そこでおすすめをしたいのが、普段何気なく食べているようなものを似たような別の食べ物にかえてみるという方法です。

    一見同じような料理に見えても、どちらを選ぶかによって胃腸への刺激を相当軽減させることが可能です。

    例えば、居酒屋の定番メニューである鶏の唐揚げも、揚げ物ではないゆでた鶏肉のサラダやバンバンジーにすることで、摂取される脂分を大幅に減らし、胃腸への負担をやわらげます。

    また甘いお菓子も果物を使ったデザートにすることで摂取される糖分の量を減らせたりできるので、細かく違う食べ物を選んでいくことで長期的にかなり高い効果を食道炎で見せることができます。

     

    コツとしては、唐揚げや天ぷらといった揚げ物は、焼き物など油を余り使わない調理方法にするということと、辛いものを食べるときにはやや味を抑え目にした醤油やダシを使った煮物を選ぶようにするということです。

    失敗例を挙げれば、鶏の唐揚げを揚げ出し豆腐など同じ揚げ物に変化をさせるという方法です。

    肉類の揚げ物を野菜の天麩羅に変更した場合には、摂取される栄養に変化は多少つきますが、総合的なカロリー摂取量や脂分の量はほとんど変化がないということもあります。

    揚げ出し豆腐に限って言えば、豆腐の原料である大豆は畑の肉とも言われているようにかなりタンパク質の分量が高く、肉類の揚げ物のと摂取される栄養などもほとんど変わらなかったりします。

    同じ調理方法で食材を変化させるよりも、同じ食材で違う調理方法にした方がずっと効果を得やすくなるという方法はよく覚えておいた方がよいでしょう。

     

    ラーメンを食べるときにはスープを全部飲まないようにしたり、脂分の多いラーメンではなくそばにしてみるということもかなり有効です。

    ただ体に悪いからといって油っぽいものは絶対に食べてはいけないということはありません。

    おいしいからと毎日のように食べているのが体内に蓄積されることで悪影響が生まれてしまうので、毎日を数日に1回にするなど、階数を減らすようにしていきましょう。

    Permalink

    Posted by creator @

Comments are closed.