• 逆流性食道炎を治療する場合に避けて通れないのが食生活の改善です。
    逆流性食道炎の原因として最も大きなものは食事のときに胃に過剰な負担をかけてしまうことです。
    そのため、病院で治療を受ける場合には軽度な場合には食生活の改善のみがアドバイスされることがあるほどです。
    病院を受診しなくても、もし自分が逆流性食道炎ではないかと疑われる場合には自主的に食事内容をみなおしてみることがおすすめになります。
    最近は市販薬などでも逆流性食道炎のための薬が登場してきていたりしますが、安易にそうした薬に最初に頼るのではなくまずは生活面から見なおしてみることが大切です。
    もし薬などに頼る場合にも、薬さえ飲めばそれでOKと考えるのではなく生活習慣をきちんと見なおした上で服用をしていくことを心がけましょう。

    もし本格的に逆流性食道炎を改善していくことを考えるなら、胃に負担をかけやすい食品をしっかりと理解しておくとともに、胃を休めるための食事内容を知っておきましょう。
    まず逆流性食道炎が疑われる人が最初にやめるべきなのが、脂分の多い食事です。
    特に動物性脂肪が過剰な食品は胃の中に入ったときに消化がされにくいので大量の胃液が分泌されるようになります。
    毎日のように過剰な動物性脂肪の食品をとっていると、常に胃が全力で胃液を分泌するという状態が続いてしまうので、空腹時にそうした分泌された胃液が逆流をしていくことになります。
    また動物性脂肪は大変体重の増加を招きやすい食品でもあるので、継続して食べることで肥満体型を作りやすくなりそれが体内の免疫力を下げて病気のリスクを高めます。
    動物性脂肪の高い食品をいくつか具体的に挙げれば、牛肉や豚肉の脂身の部分や、天ぷら・フライなどの揚げ物、ハムやベーコンなど脂肪分が高い加工肉などがあります。
    他にもファストフードのメニューやスナック菓子などもかなり油が多く使用されているのでできるだけ食べないようにしたいところです。

    次に胃に負担を大きくかけるのが、辛い食べ物や甘すぎる食べ物、熱いものや冷たいものといった刺激物です。
    刺激の強い食べ物はたまに食べる分にはよいのですが、毎日のようにそうしたものを食べているとやはり胃に刺激が常に与えられることになるので胃液の分泌を過剰にするとともに、食道や胃の粘膜を傷つける要因になります。
    またコーヒーや緑茶、紅茶などカフェインが多く含まれる飲み物もあまりにも一日のうちに多くとりすぎてしまうと胃を痛める原因になります。

    Permalink

    Posted by creator @

Comments are closed.