• 食道炎とは 保険に加入できなくなるってホント? はコメントを受け付けていません。

    逆流性食道炎の症状は患う本人にとってかなりつらいものではありますが、ほかの病気と比較した場合には特に生命の危機につながるものではないので、そんなに深刻に考えることでもないような気もしてしまいます。
    なんとなく逆流性食道炎かな?と自覚症状がある人であっても、特に診療を受けたり改善のための習慣作りをしなくてもよいように思っていることがあるようですがそれは大変に間違った考えです。
    たかが逆流性食道炎と思うかもしれませんが、それが疑われる場合には生命保険に加入ができないというケースもあるのです。

    生命保険はできるだけ健康な状態のときに加入をした方が条件が有利になるものですが、逆流性食道炎は将来的に病気となるリスクとしてかなり重要と見られてしまいます。
    そのため現在逆流性食道炎であるというときには保険料がかなり高額になってしまったり、悪い場合には加入そのものができなくなってしまったりします。
    生命保険に加入をするときには必ず病歴などをチェックされますが、このときにウソの報告をしたことがあとからわかった場合には虚偽申告をしたとして実際に支払いとなった場合にかなり減額をされてしまうようなこともあります。

    ここ最近では生命保険も外資系を中心に自己申告制によるダイレクト型の保険が増えてきていますが、その場合でも必ず過去の病歴については記載をしなくてはならなくなっています。
    またダイレクト型の生命保険の場合には、月々の保険料がかなり安く抑えられているプランがたくさん登場している一方で、病気についての条件が厳しく制限されてきているという傾向が見られます。
    例えば現在風邪を患って通院しているというようなちょっとした病気の場合であっても、その通院期間中であるということが保険料に影響するようなこともあるほどなので、加入を考える時には完全に健康であると言い切れるような状態であることがベストと言えます。

    病気以外にも、肥満体質や反対に痩せすぎという人もまた生命保険に加入ができなくなっている場合があります。
    逆流性食道炎の症状が見られる人の多くは肥満体型をしているものでもあるので、ますます加入のための条件は厳しくなるといえるでしょう。
    逆流性食道炎は放置をしておくことで胃液が継続てきに胃の粘膜や食道器官内を傷つけ、食道がんや胃潰瘍など手術が必要な状態になってしまうこともあります。
    症状が軽いからといって油断をすることなく、むしろ軽いうちに治してしまえるように気をつけてください。

    Permalink

« Previous Entries