• 逆流性食道炎はその人の体に大きな負担を与える症状ですが、心理面への影響もかなり大きくなります。
    逆流性食道炎の代表的な症状は、胃の痛みや胸焼け、胃液の逆流による口の中の酸っぱさ、ガスの逆流によるげっぷなどが挙げられます。
    このげっぷが自分の意志では防ぎきれないようなタイミングで発生してしまったりすることで、外で食事をしているときなどに「もし人前で出てしまったら」という不安感を覚えるようになり、次第に人と会うこと自体を控えるようになっていったりします。
    また胃に不調がある人の場合、口臭がひどくなってしまうということもよくあるため、人と話したくなくなってしまうこともよくあります。
    逆流性食道炎の治療をするということは単に体質を改善するということだけでなく、その人が気持よく日常生活を送っていくために大切なことでもあるのです。

    逆流性食道炎の症状としてのげっぷは、健康な状態のときのものとはまったく違ってこらえきれないほどの強さがあります。
    ものを食べたあとなどにげっぷが出ること自体は人の生理現象であるので問題ではないのですが、逆流性食道炎の場合はこの回数がかなり多くなり、またげっぷのあとに口の中が酸っぱくなってしまうということが特徴になります。
    せっかくの食事のあとなのに一緒にいる人に不快感を与えてしまったり、自分も口の中に嫌な感じが残ってしまうのでそもそもものを食べるということに対して嫌気を感じてしまうというようなこともあります。

    またこのげっぷとともにしばしば発症する口臭ですが、これも特に女性にとっては深刻な問題です。
    人の口臭の原因はいろいろあるのですが、逆流性食道炎を患っている人の場合には胃液の逆流による酸っぱいような嫌なニオイになります。
    通常のげっぷと違って逆流性食道炎のような胃の損傷が原因となっているときにはガスとして出されることで強いニオイも伴います。
    ですので万が一でも人前でやってしまったようなときにはかなりの自己嫌悪に襲われてしまうことにもなるでしょう。

    また逆流性食道炎症状がある人の多くは慢性的な便秘であることもよくあります。
    便秘は体内の老廃物がいつまでも腸内にとどまり続ける状態であるわけですが、これが腸内で腐敗をすることでまたガスを発生させて逆流性食道炎の症状を悪化させていきます。
    そうしたことが重なると、なんとなくそこにいるだけでもニオイがあるような不快感を感じるようになるので人と会うことが苦痛になったりします。

    Permalink

    Posted by creator @

Comments are closed.