• 食道炎の症状の中でも特にここ数年の間に急激に患者数が増えているのが「逆流性食道炎」です。
    逆流性食道炎とは、単純に食道部分に炎症が起きる食道炎と違い、
    食道の末端部分にある「下部食道括約筋」と呼ばれる胃への入り口付近の機能が
    正常に働かなくなってしまうことによって起こる病状のことを言います。
    逆流性食道炎にかかってしまうと、胃液の蓋をしてくれていた部分が緩んでしまうので、
    屈んだときに胃液が食道に逆流してきてしまったりして、
    空腹時に口の中が苦みがあったり、胸焼けや痛みを感じるようになってしまいます。
    胃酸は大変に強い力をもった消化液なので、逆流性食道炎を長く放置してしまうと
    食道がただれてしまい、ひどくなると潰瘍をつくりだしてしまいます。

    逆流性食道炎は別名「GERD」とも呼ばれます。
    逆流性食道炎の場合、症状として体に起こるのは胸焼けや口の中が酸っぱくなるような
    胃液の逆流現象なので、内視鏡検査などで実際の患部を確認してみても
    炎症という症状はほとんど起きていないということもよくあります。
    ですが、そのような場合でも「食道炎」として
    (非ぴらん性逆流症ということもある)治療上は取り扱いをされることになります。

    詳しく逆流性食道炎のしくみを見ていくと、普通私達の体の中は食べ物を消化する胃と
    そこまで運ぶ食道の間に下部食道括約筋という引き締めをする筋肉があります。
    しかし加齢によってこの下部食道括約筋の引き締め力が弱くなってしまったり、
    胃の内部から大量の胃液が分泌されるようになってしまうと、
    下部食道括約筋によって食道へ胃液が逆流することを防ぐことができなくなってしまうため、
    胃の内部のものが本来行ってはいけない方向へ逆流をしていってしまいます。
    下部食道括約筋の緩みは、体力が落ちてくる高齢期によく起こります。
    肥満傾向にある人や、腰の曲がった老人などには特に起こりやすくなり、
    全体的に老齢者がかかる病気という認識がもたれています。

    ただし、最近少しずつですが若い世代にもこの逆流性食道炎として
    診断される人も増えてきているようです。
    これは下部食道括約筋のゆるみというよりも、
    胃の内部で過剰に胃液が分泌されてしまうことによって引き起こされています。
    胃液の分泌は栄養の過剰摂取によって引き起こされてしまうものなので、
    近年の食の欧米化(肉類・動物性脂質過多の食生活)が
    かなり深く関与しているのではないかと言われているところです。

    Permalink

    Posted by creator @

Comments are closed.